Menu
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • -
  • -
ご無沙汰しております!!未來の方空汰ですヾ(●゚v゚○)ノ
蝉が鳴きだしてもう夏真っ盛りですねー!
毎日素麺とお寿司が恋しくなります///

日が進むのは早いもので、もう夏!!?と少し焦っていたんですが
千本桜の撮影も、先日数えてたらのこりあと5回?くらい?
と全体の70%くらいは撮り切っていて、ビックリしました^^

夏はドレスとか着たらもう汗が濁流のようになるので、涼しくなるまでちょっと
撮影はお休憩ということで9月下旬までは撮りためたレポを順次お届けとなりそうです♪


さて、今回のレポはこれまでのレポの原点となる第壱章!
海斗と未來それぞれの物語となっています。

まず海斗くんですが
政府の秘密を知ってしまい、単独でその事を調べるところから始まります。

senbonzakura1syou (1)


千本桜に隠された秘密があること。
巫女と言う名の存在がいること。
政府はそれを極秘としていること。

senbonzakura1syou (2)


海斗の知ってしまった事実がこの後の展開を動かしていきます。


そして未來さんの方は
学校の帰り道、ちょっとした落し物を拾います。

senbonzakura1syou (3)


それを拾い海斗邸の自室まで持ち帰り、飾るのですが

20140720105921d52.jpg



こちらも今後この落し物がお話にどうかかわってくるのか・・・!


さらに、未來の帰宅後2人は久々にお出かけをします。

senbonzakura1syou (5)


senbonzakura1syou (6)



ここから先は弐章の内容になるのですが、楽しいはずのお出かけデートが
海斗の仕事により中断してしまって・・・?


そんなこんなでたくさんのフラグを詰め込んだ壱章ですが、話が進むにつれ
1つ1つ謎が解けていきますのでどうぞ、展開を想像しながら見て頂ければ!と思います^^

おまけ///


isyouomake (1)


くつろぐ海斗兄様。働けwww


isyouomake (2)

兄様と遊ぶためにお着替えする未來も
ちょっと出るよ(o゚∀゚o)

ではでは、次回は8月の初めに・・!アップ出来たら良いなあ(*´∀`*)

スポンサーサイト

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。