Menu
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • -
  • -
こんばんは、お久しぶりです。
海斗のほう凛丸です。

千本桜ROMもクランクインしてから数ヶ月が経過しておりますが、
やっとレポをお届けできそうです。
というのも、雪ロケに桜撮影・・・季節を強いられるロケーションというのはリアルに生きる世界では大変ですね。

何せ自然のもの、雪と桜を追い求め千本桜の愛故に東西南北走りました。
そんな季節レポは次回またのお楽しみを!


さて初めに、今回のROMは
序章→壱章→弐章→参章→雪章・桜章→五章→最終章

と長編でのお届けとなります。

そして今日は12月に撮影した第参章、海斗と未來がダンスパーティへ行くお話レポです。

小説をお読みの方はご存知かと思いますが、
海斗と未來が鹿鳴館(舞踏会)へ行くシーンがあります。
真っ白の軍服と真っ白なドレスに身を纏って出かける二人なのですが、
その二人のイラストが一巻のピンナップに付いています。
千本桜厨の我らが小説を開いた瞬間、ピンナップを見て悶え狂ったのは云うまでもなく・・・

あまりに素敵だったのでカイミク厨としてはやらないワケがない!!

というベースの元、今回の第参章が出来上がりました。


ドレスを翻して海斗の反応をおずおず見る未來だったり(可愛い!!!)
sen (5)

そんなドレス姿に満足する海斗だったり
sen (2)




しかし楽しかったはずの舞踏会が・・・

ケンカになってしまう二人。

sen (3)

sen (4)


何故ケンカに・・・?!



それは是非本編でお楽しみください!

ちなみに小説中にもある通り未來ちゃんのドレスは海斗が特注で仕上げたドレスです。
こいつってまぁ・・・(しかしそんなカイミクに萌える二人)

衣装は二人とも“オレと嫁”で活動中の嫁さん作の仕上がりです。
2次元を3次元に再現する魔法の手を持っています。
(オレさんはカメラと造形担当の嫁さんの旦那様。海斗の肩はオレさん作です。)
未來ちゃんのドレスもレースから全て手作りなので見てみてくださいね。





そんなROM撮影中の二人は表情作りに試行錯誤したり

sen.jpg


面白く進んでいます。
もう少し撮影が残っていますが大分進んできました。

まだまだ頑張っていきます。


次のレポもまたお楽しみにお待ちくださいー!




それでは凛丸でした。
スポンサーサイト

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。